【タイトル】

難聴通級学級

【本文】

学校紹介 >>> 教育目標 >>> 教育過程 >>> 校長室から >>> 学校だより >>> 学校の沿革 >>> 校歌・校章 >>> アクセス >>> 難聴通級学級 >>> 沿革・概要>>> 指導内容・聴覚管理 >>> 学級行事 >>> 情報補償・理解・啓蒙活動 >>> 概要 東京都で難聴学級が設置されている中学校は、12校です。(休級中も含む)本校は数少ない、難聴生と共に学べる学校です。 難聴を理解するための授業、手話コーラス発表、そして手話部など、他の中学校にはない、独自の取組もたくさんあります。どうぞ、ご覧ください。 見学、相談等のお問い合わせは、下記へご連絡ください。 武蔵野市立第一中学校 難聴学級(エコールーム) 電話 0422-51-1136 fax  0422-36-3733   ■沿革 昭和59年  4月    :    難聴学級開級      9月    :    難聴学級教室 完成 昭和60年  1月    :    難聴学級開設記念式典 平成  7年  3月    :    難聴学級開設10周年記念誌発行     ■教育目標 (1) 自分で考え、行動できる人間を育成する。 (2) 自己の障害への認識を深め、努力できる人間を育成する。 (3) 友達を思いやることのできる人間を育成する。     ■対象となる生徒 中学生で聴覚に障害のある生徒のための通級制の学級です。 普段は、在籍する学級で学習しながら、必要に応じてエコールームに通級し、学習や生活の支援や指導をしています。全員の生徒が校内通級で、第一中学校のそれぞれのクラスで活動しています。もちろん、他の生徒と同じように、委員会や部活動などにも参加しています。 通級・通学地域は、武蔵野市内だけでなく、他区市町村からも可能です。(難聴学級設置地域は除く。) 近年、本校への通級・通学があった区市町村は、武蔵野市、調布市、中野区、小金井市、国分寺市、立川市、青梅市、小平市 等です。     ■学級数・生徒数 学級数:1   生徒数:平成30年9月1日現在   1年 2年 3年 計 男 0 1 0 1 女 3 0 0 3 計 3 0 1 4      聴力 聴力の程度 測定不能 30~49dB 50~59dB 60~69dB 70~99dB 100dB以上 人数 - - - - - -     ■職員及び、指導教科 担任    赤堀 慶子 (英語、国語、社会等、PC情報保障) 講師    2名   (数学)     ■卒業生の進路     21年度 22年度 23年度 24年度 25年度 26年度 27年度 28年度 29年度   男・女 男・女 男・女 男・女 男・女 男・女 男・女 男・女 男・女 都立高校 1・1 / / 1・0 1・1 0・2 0・1 / / 私立高校 0・1 / / 1・2 / 1・0 0・1 0・3 0・1 私立ろう / / / / / / / / / 国立ろう / / / / / / / / / 都立ろう / 1・0 1・0 / / / / / / 専修学校 / / / / / / / / /    


【添付ファイル】

この記事に添付ファイルはありません。